【SR400】溶けたビニールが付いたエキパイ・マフラーを綺麗にしてみました。

あーい

みなさんこんにちは!なぽやんです。

先日ついにやってしまいました。。。

ていうのも、、、熱々のエキパイにバイクカバーが当たってしまって、

がっつり溶けたバイクカバーがついてしまったんですよぉぉぉ泣

はぁやらかしましたぁこりゃ

てことで、今回はそいつを綺麗にするために奮闘してみました。

同じ境遇の人たちの参考になれればと思います。

バイクカバーが溶けてこべりついてしまったエキパイ

こちらが溶けたバイクカバーがこべりついたエキパイ・マフラーです。

これはSR乗りの宿命というかあるあるというか、

よくあることらしいですが、やっぱりショックはでかいですね、、、

さて綺麗になるものか、、、

エキパイを磨くために用意したもの

今回綺麗にするために用意したものがこちら!!

天下のピカール

とりあえずピカールを使えばいいって教えてもらったんで使ってきます。

拭きやすそうな布2枚

布はピカール付けてこする用と仕上げに拭く用で2枚用意しました。

コツは根気強くこすること!

布にピカールを付ける。

布にピカールを付けていきます。

ピカールはしっかりと振ってから出してください。

(※振らないと油みたいな透明なのが出てきます)

綺麗になるまでひたすらこすり続ける。

ピカールを付けたら、溶けたカバーが付いた部分に当てて、

あとはひたすらこすり続けるのみ!!!

やってみて分かったんですが、

これめちゃめちゃ根気がいる作業です!

仕上げにキレイな布でしっかりふき取る。

もう1枚の布でピカールが残らないように拭きとっていきます。

磨き続けた結果

さて、果たして取れたんでしょうか??

結果はこちらです!!

before

after

before

after

なかなかいい感じじゃないですか!!これ!!

2時間くらいはぶっ続けで磨き続けとった気がします。

マフラーのとこは綺麗に取れたんですけど、エキパイのとこが

少し取れなかった部分があったんですけど、

まぁたぶんこれも何度か磨いていけば取れそうな気がしました。

 

調べてみると、他にもスクレーパーでガリガリ削る方法や、

そのまま放置でエキパイの熱で焦がして剥がれるのを待つっていう方法もあるらしいです。

今回ぼくは化学の力に頼っちゃいました。

 

今後またバイクカバーを溶かすことが無いように

耐熱用のバイクカバーでも考えてみるかなー

ちょっと高いけど、、、

まとめ

いかかでしたでしょうか??

バイクに乗っとたら、このエキパイ問題に悩まされる人も多いと思うので、

少しでも参考になれば不幸中の幸いです!

ではでは

やーまん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です